給湯器の水漏れを早期発見する

家で使っている、電気器具は早めにトラブルを見つけたいものです。ずいぶん悪くなってから修理依頼をすると、時間もかかりますし、思わぬ出費を招くことにつながります。日ごろから丁寧に使い、メンテナンスをしておくと、修理が必要になっても慌てず対応できます。

■給湯器を上手に使う

電気器具は何と言っても、日ごろの使い方が大切です。給湯器などの寿命は、家族の人数にもよりますが、10年が目安になります。単純な設計で、お風呂やキッチンといった、一か所だけで使用している給湯器はもう少し長く持つ可能性があります。
最近は、家全体で使うお湯を一か所で供給するタイプのものも広く使われています。こうしたものは、自分では気づかなくても毎日大量のお湯を作るために使われています。床下に設計されている配管工事や、リモコンも複雑なため、自分で工夫することはなかなか難しいです。それでも取り扱い説明書をきちんと読み、長く上手に使えるように気を付けることはできます。
リモコンの機能を使いこなすことも必要です。配管洗浄というボタンがある機種があります。この機能を使うと、お風呂の残り湯などで、配管の汚れを取り除くことができます。目に触れない部分なので、定期的に行うと安心です。
点検お知らせボタンが点灯することもあるでしょう。定期的にメンテナンスをすれば、給湯器もより長く使用できます。

■早めに修理依頼をする

給湯器で水漏れや、いつもと違うと思う現象が生じたら、購入した代理店や施工店に修理依頼をするのも良いでしょう。水漏れを放っておくと、ガスの不完全燃焼が生じ、機械が壊れるだけではなく、有害ガスで家族の身に危険が生じてしまう事態も考えられます。そこまでの状況にならないとしても、給湯器の調子がどんどん悪くなり本体だけではなく、水道 修理までしなければならなくなる可能性もあります。早めに点検することによって、不具合を見極めるなら部品交換だけで済むこともあります。
メーカーが公開しているホームページがあるなら、その情報も見ておくと良いでしょう。どの給湯器にどんな問題があるかとか、簡単なチェック方法が載っていることがあります。フリーダイヤルがあるなら、電話をして聞くこともできます。

■まとめ
給湯器のメンテナンスは、一般的に目に見えないところが関係しています。リモコンのパネルに表示される指示に従い、洗浄などのボタンをこまめに使います。また定期的に点検に来てくれるようなら、活用すると安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ