水漏れが給湯器から発生したら

家の中でも、特に水回りはみんなが使う場所です。少しでも問題があれば、すぐに解決したいものです。なるべく早く解決しないと、水漏れによりお湯が出なかったり、お風呂に入れないなど様々な問題がでてきます。日常で少しずつできるメンテナンスなどについて説明させていただきます。

■日ごろのメンテナンスも考える

給湯器は、毎日使っているものの特に意識する場所に設置されていないかもしれません。しかし壊れてしまうと、すぐに修理が必要です。まずどこに給湯器が設置されているのか、確認します。室内設置型と室外設置型があります。室内のものは小さく、それほど汚れたりするものではありませんが、室外機は大きく、風雨にさらされることもあります。室外のものは、雨が直接あたらないように工夫できます。
寒い地域なら、寒さ対策も必要です。水が配管内で凍らないように室外機の回りを囲い、メーカーが販売している北国用のタイプを利用するといった工夫ができます。対策をせずに利用したり、長期間家を離れる際に水抜きをしなかったりする場合、給湯器 水漏れの原因に繋がります。

■給湯器の寿命を考える

水漏れなどのトラブルが起こらない限り、給湯器の交換は考えないものですが、およその寿命を知っておくことも大切です。寿命は使い方にもよりますが、大体10年を過ぎるとメンテナンスをしたり、交換を考えたりする必要があります。
メーカーのホームページを探して、自分の家で使われている機器を確認しましょう。古い製造年月日のものが壊れた場合、部品や取り寄せるパーツがなく、製造されていない場合があります。古いタイプはエコ対策や、節電モードなどの機能がないため、ガスや電気を想像以上に使っている、ということもあるでしょう。そうなれば、本体自体を交換した方が良いかもしれません。
自宅が一軒家なら、自分たちが使いやすいものに交換できます。ホームセンターや施工店といったところに行って、自分の地域で利用できる給湯器を聞くこともできます。賃貸住宅やマンションなど、規格が決まっている家なら大家さんや、管理会社に連絡して相談できます。今までのものをそのまま使い続けるメリットとデメリットを考えます。交換すると、一時的に費用はかかりますが、長期的にみると節約につながる事が多くなっています。

■まとめ
給湯器は設置している場所を確かめ、定期的にメンテナンスできるようにしておきましょう。自宅の給湯器の使用年数が10年を超えているようなら、交換も含めて様子を確認します。新しいカタログや商品を見て、交換を考えるのも良いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ